ルピナスの花言葉は怖い?由来と育て方を解説!

スポンサーリンク
春の花
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村

花と葉っぱの形が特徴的なルピナス。

別名『昇り藤』といわれていますが、その名前の由来はどこから付いたのか。花言葉や育て方の豆知識を交えてご紹介していきます。

ルピナスの名前の由来は?

写真︰かわいいお花の豆知識

ルピナスの名前は、ラテン語でオオカミを意味する『ループス(lupus)』が由来しています。これはルピナスが、オオカミのような強靭さと荒れ地でも生き抜く生命力のタフさから付けられました。

また、ルピナスのことを別名『昇り藤』『立ち藤』とも呼びますが、これは、まるでフジの花を逆さにしたような花姿が由来しています。

同様に、ルピナスの別名『葉団扇豆(ハウチワマメ)』は、てのひら状に裂けた葉の形が、うちわに似ていることが由来しています。

昇り藤に葉団扇豆と聞くと、何だかやんちゃな人たちが好みそうな名前ですよね。
(もっとも、やんちゃで花が好きな人はごく少数な印象ですが)

ルピナスの花言葉は怖いのか?

では、ルピナスの花言葉は怖いのか。色別にご紹介していきます。

View this post on Instagram

megumiさん(@kemint7061)がシェアした投稿

「いつも幸せ」「常に幸福」「母性愛」

黄色

View this post on Instagram

* kumi *さん(@yk420yk)がシェアした投稿

「多くの仲間」

ルピナスは他にも赤や紫、ピンクなどありますが、唯一色別の花言葉が存在するのはこの2色のみ。他の色の花言葉は共通して以下の通り。

「想像力」
「いつも幸せ」
「貪欲」
「あなたは私の安らぎ」

これらの花言葉の由来ですが、かつて古代ヨーロッパでは、ルピナスの花を食べると心が前向きになり、想像力が高まるという言い伝えがあり、かつては薬草として使用されていたそう。

それが花言葉の由来の発祥といわれています。
ルピナスは、かつては薬草として食べられていただけで、神話など怖い都市伝説はなさそうです。

ルピナスの育て方

地植えの場合

View this post on Instagram

muraさん(@mura_san009)がシェアした投稿

ルピナスは日当たりと水はけが良く、風通しのよいアルカリ性の土壌を好みます。そのため、高温多湿の場所や、酸性の土壌に植えると枯れる可能性があるので気を付けてください。

ルピナスを植える場合は、有機石灰や苦土石灰などを土に混ぜて、弱アルカリ性〜中性へ寄せておくと丈夫に育ちます。

植え付け後は、地面が乾いたら水をあげて下さい。

鉢植え(プランター)の場合

View this post on Instagram

kumiさん(@kumi_ak_time)がシェアした投稿

ルピナスを植木鉢(プランター)に植え付ける場合は、苗の二回りほど大きい鉢を用意しましょう。

用土は、市販の草花培養土に軽石を混ぜたものや、赤球土6:腐葉土3:軽石1を混ぜたものを使用するときれいな花を咲かせます。

ルピナスを植え付けるときは、根を傷つけたり切らないように、優しく植え付けてください。植え付けたらたっぷりと水を与え、日当たりのよい場所に植木鉢を置きます。

ルピナスは高温多湿を嫌うため、エアコンなどの暖房や冷房のついていない部屋に置き、土が乾いたら水を与えましょう。

剪定時期はいつがいい?

写真︰かわいいお花の豆知識

ルピナスは、花が咲き終わったタイミングで剪定を行いましょう。やり方は、実を付ける前に、花穂の元から切る。

たったこれだけで、栄養が種に回らずに済むので、2回目の花を咲かれてくれますよ。

まとめ

写真︰かわいいお花の豆知識

ルピナスは、別名『昇り藤』の名の通り、フジの花を逆さにしたような見た目が特徴的なお花。

寄せ植えはもちろん、切り花のアクセントにもおすすめなので、花壇のマンネリ感を払拭したい人は、ストックやルピナスを加えてみましょう。

かわいいお花の豆知識-花豆.com-
404 NOT FOUND | かわいいお花の豆知識-花豆.com-
https://8739hanakotoba.com/?p=185
かわいいお花の豆知識や長持ちさせる方法をまとめました。