ヒヤシンスの花言葉が怖い。ギリシャ神話で紫は”静脈の色”って本当?

スポンサーリンク
春の花
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村

春の花ヒヤシンスは、水耕栽培で簡単に育てられることで、いつの時代も人気のお花。
ですが、その可憐な姿の裏に隠された、怖い花言葉があるのをご存知ですか?

そこで本日は『ヒヤシンス花言葉が怖い!』お話をご紹介します。

ヒヤシンスの花言葉は怖いの?

ヒヤシンスの花言葉は『控えめな恋』『悲しみを超えた恋』など、寂しい恋がテーマの花言葉が目立つ印象。

ヒヤシンスの怖い花言葉

ヒヤシンスの怖い花言葉は『悲しみ』『悲哀』
など。
これらはヒヤシンスの主な花言葉である『悲しみを超えた愛』の派生ともいわれており、ヒヤシンスは”失恋の花”だと誤解を招く理由のひとつ、ともいわれています。

ヒヤシンスの明るい花言葉

そんなヒヤシンスですが、もちろん前向きな花言葉もあります。
ヒヤシンスの明るい花言葉は『心静かな恋』『あなたとなら幸せ』など。

これらはヒヤシンスの色から派生した花言葉ですが、中にはゲームなどの勝負事に打ち勝つ意味も含まれており『恋愛に打ち勝つ』前向きな姿勢も伺えます。

ヒヤシンスの色別の花言葉

ヒヤシンスの色別の花言葉は以下の通り。

  • 赤︰嫉妬
  • ピンク︰スポーツ、しとやかな可愛らしさ
  • 白︰控えめな愛らしさ、心静かな愛
  • 青︰変わらぬ愛
  • 黄色︰あなたとなら幸せ、勝負

それにしても、こう見てもヒヤシンスの花言葉は重苦しいものが多いですね。
ではなぜ、そのような重い恋の花言葉が付けられたのか。理由は以下に後述します。

ヒヤシンスの花言葉はギリシャ神話の怖い伝説が由来!

ヒヤシンスの名前は、学名の”ヒュアキントス”に由来していますが、そのヒュアキントスという名前は、ギリシャ神話に登場する、同名の美少年が由来しています。

ヒヤシンスとギリシャ神話①

太陽神のアポロンはヒュアキントスを愛していたのですが、同じくヒュアキントスを愛していた風の神のゼフュロスは、アポロンとヒュアキントスの仲睦まじい様子に、いつしか激しい嫉妬を感じるようになりました。

やがて嫉妬に狂ったゼフュロスは、魔法で風を吹かせ、アポロンが投げた円盤をヒュアキントスの頭にぶつけて殺してしまいました。

ギリシャ神話は内容が怖いとよく耳にしますが、ヒュアキントスとアポロンの恋物語もなかなか残酷なお話ですね。同性愛の三角関係って怖い!

ヒヤシンスとギリシャ神話②

この後は、ヒュアキントスが血にまみれて倒れ、アポロンに抱かれて意識を失ったあとのお話です。

アポロンは胸に抱いたヒュアキントスを見て『AI AI(ああ、悲しい)』と号泣しました。
すると、ヒュアキントスの流した血が地面に落ち、そこから鮮やかな紫色の花が咲き始めたのです。

その花を見たアポロンは、悲しみの意味を込めて、花びらに”AI”の文字を刻んだといわれています。
確かに、ヒヤシンスの花びらをよく見ると”AI”に似た筋が通っているのが分かりますよね。

悲しみの文字が刻まれたヒヤシンス。神話の裏を知ってしまうと、なんだか不気味な花に感じますよね。

ヒヤシンスとギリシャ神話③

また、ヒヤシンスの花が紫色なのは、ヒュアキントスの”静脈の血の色”を表しているという都市伝説もあります。

静脈の血の色、と聞くと、ますます不気味で縁起の悪い花をイメージしてしまいますよね。
ですが安心して下さい。このギリシャ神話に登場するヒヤシンスは、現在のヒヤシンスとは別の植物だといわれています。

とある一説では、そのヒヤシンスは鮮やかな赤色をしているともありますし、濃い紫色だともいわれていますので、正確に、どの品種のヒヤシンスのことを指すのかは、未だ謎に包まれたままの状態です。

ヒヤシンスは縁起が悪い?不気味?怖い花?本当は慎ましく可憐な花。

ヒヤシンスの名前の由来は、ギリシャ神話に出てくる、不幸にも命を落としてしまった美少年から名付けられていますが、だからといって必ずしもヒヤシンスが”縁起の悪い花”というわけではありません。

この話は所詮、都市伝説のようなものなので、深く気にせず、ヒヤシンスが好きな人にプレゼントしても問題ありません。

また、ヒヤシンスには様々な種類があり、どれも比較的育てやすいため、子どもの自由研究にもオススメですよ。
慎ましく可憐なお花なので、是非、お子さんと一緒に育ててみて下さいね。