ダリアの花言葉は怖い?贈ると失礼になる理由はこれ!

夏の花

ダリアの花は大きなものが多く、眺めているとなかなかの迫力を感じますよね。
色鮮やかに咲く姿は華やかで、存在感があります。

今回は、ダリアの花言葉と種類について説明していきます。

ダリアは何科?開花時期はいつ?

科・属 キク科・テンジクボタン属
和名 天竺牡丹
原産地 メキシコ
開花期 7月~10月

 

ダリアの花言葉は怖い?失礼?

「ダリア」の一般的な花言葉は「栄華」など。

色別にご紹介すると

赤のダリアのは「華麗」、白のダリアは「感謝」、黄色のダリアは「優美」

などが挙げられますね。


この中にはあまり怖い花言葉はありませんが、よくよく調べると、ダリアの花言葉には怖い、というより無礼かつ失礼な印象を受ける意味もあります。

それは「裏切り」「移り気」「気まぐれ」など。

これらの花言葉はどこか「浮気」を連想させるので、花言葉に詳しい異性へのプレゼントにダリアを贈ると、相手は失礼と感じるかも知れません。

いずれにせよ、花言葉に詳しい人にプレゼントとして贈るのは避けたほうが無難でしょうね。

ダリアの名前の由来

ダリアの名前の由来は、スウェーデンの植物園の園長であるアンデシュ・ダール氏の名前に由来しています。

また、花姿がボタンに似ていることから、和名では天竺牡丹(テンジクボタン)と呼ばれ親しんでいます。

余談ですが、昔の人々は、外国から輸入された花の名前に、よく「天竺」という単語を付けたそうです。

なんだかロマンティックですよね!

ダリアの種類

ダリアの種類や花の大きさは様々。咲き方もバラエティに富んでおり、背丈も高性から矮性まであります。

ではどれがおすすめなのか。気になりますよね。

そこで、ダリアの種類を人気のものかから珍しいものまでいくつかご紹介していきます。

ダリア・桜貝

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ブレーメンウェディングさん(@bremen_wedding)がシェアした投稿

綺麗なピンク色のグラデーションがかわいいお花。
花径7~12センチ程で、ほんのり桜色が上品ですよね。咲き方は、ポンポンのような「デコラティブ咲き」です。

ダリア・ピーチインシーズン


ダリア「ピーチインシーズン」は、中輪のフォーマルデコラ咲きのお花です。

オレンジの花弁の先に白が入る人気品種で、ピーチを連想させる風合いがとてもオシャレ!

ダリア・影ぼうし

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ayuさん(@hogisienne)がシェアした投稿

こちらは渋い色が特徴的な、和風のダリア。
「影ぼうし」は、花径21cm前後の中大輪のインフォーマルデコラ咲きのお花。
深い紅色に深爪白の花弁で優雅な花姿ですね。

ダリアの花言葉は怖いというより失礼だけど、花が好きなら気にしない!

ダリアは、幾重にも重なる花びらが見事で美しく、色鮮やかで豪華な姿なので、プレゼントに贈る花としてよく見かけますよね。

ですが一方で、花言葉のイメージには「浮気」や「いい加減」といった無礼な意味合いも込められていますので、プレゼントするなら「花言葉に無頓着な人」向けでしょうね。

花言葉の意味を聞かれたときは

 

「裏切り」や「気まぐれ」なんてマイナスな花言葉もあるけど、信じる信じないは個人の自由だし、ダリアを見て少しでも「綺麗だな」と思えれば、意味なんてあまり深刻に考えなくていいと思うよ!

 

と伝えてあげてください。

ダリアは存在感のあるお花なので、一輪挿しや切り花など、他にも楽しみ方はいくらでもあります。
ですので、相手にプレゼントする以外にも、鑑賞用として長く楽しめますよ。